• トップ
  • 通信講座・講座コース
  • 東京実務留学制度
  • 企業研修
  • 会社概要

Illustrator CS6 サンプルテキスト

Adobe Illustrator CS6 サンプル目次へ

Part 2 オブジェクトの描画・変形

Illustratorで作成する基本データを「オブジェクト」と呼びます。オブジェクトは、Illustrator画面左に「ツールパネル」で作成することができます。ここでは、ツールパネルを使って基本的なオブジェクトの作り方や編集方法について学んでいきましょう。

2-1基本的なオブジェクトの作成

ツールパネル上の長方形ツールアイコン

まずは、ツールパネル内の長方形ツールを選んでください。画面内の任意の場所をドラッグすると長方形が描けます。

長方形ツールの使い方とショートカット

キーボードの「Shift」キーを押しながらドラッグすると正方形「、Alt」キーを押しながらドラッグするとドラッグの開始位置が四角形の中心になるように四角形が描かれます(通常は左上から)。

正方形の描画方法とショートカット

基本的なオブジェクトを中心から描画する方法

長方形ツールを長押しすると、さらに色々な形のオブジェクトが選択できます。角丸長方形、楕円形、多角形、星型などです。

長方形の詳細設定

描画ツールパネル

また、長方形などの描画ツールで描くときにドラッグではなく、クリックするとオブジェクトの詳細設定ができます。ここで数値を入力することでより正確なオブジェクトをかくことができます。

Check Point基本的なオブジェクトの作成

矩形ツールの「多角形ツール」や「スターツール」はオプションで角の数や辺の長さを自分で設定することができます。

2-2オブジェクトの変形

ツールパネル上のブラシツールと鉛筆ツールアイコン

既存の形ではなく、自由なオブジェクトを作成するには、ツールパネルの「鉛筆ツール(鉛筆のアイコン)」を使います。

鉛筆ツールの線とブラシツールの線

鉛筆ツールを選び、画面内を自由にドラッグすることで自由な図形が描けます。「ブラシツール(筆のアイコン)」でもほぼ同様の効果が得られます。鉛筆ツールとの違いは、オブジェクトの線が若干異なります。

ツールパネル上のペンツールアイコン

ただし、ペンタブレットなどの外部描画ツールがあればよいのですが、マウス操作だけではなかなか思う通りの線は描けません。そういうときは後述する「ペンツール(ペン先のアイコン)」を使います。

2-3フリーハンドでオブジェクトを作成

オブジェクトを選択

次はオブジェクトを変形してみましょう。まずは「移動」です。移動させたいオブジェクトを選択し、オブジェクトの内側(もしくはライン上)を任意の場所へドラッグさせます。これで移動ができます。

Shiftキー押しながらドラッグする

オブジェクトが移動する

このとき「Shift」キーを押しながらドラッグすると水平・垂直・45 度単位の移動ができ、「Alt」キーを押しながらドラッグするとオブジェクトの複製ができます。

拡大・縮小ツール

次は「拡大縮小」です。拡大縮小させたいオブジェクトを選択し、ツールパネルの「拡大・縮小ツール(四角の中に左上に向かう矢印のアイコン」を選んでください。

オブジェクトを拡大する方法とショートカット

画面内の任意場所をドラッグすることでオブジェクトの拡大縮小ができます。「Shift」キーを押しながらドラッグすると縦横の比率を保ったまま拡大縮小ができ、「Alt」キーを押しながらドラッグするとオブジェクトの複製ができます。

回転ツール

次は「回転」です。回転させたいオブジェクトを選択し、ツールパネルの「回転ツール(矢印が逆時計回りに回っているアイコン)」を選んでください。

オブジェクトを回転する方法とショートカット

Check Pointオブジェクトの変形

「拡大縮小ツール」「回転ツール」「反転ツール」は、ツールアイコンをダブルクリックするとそれぞれの度合いを数値入力することができます。自分で設定する場合はこの方法を用いましょう。

リフレクトツール

次は「反転」です。反転させたいオブジェクトを選択し、ツールパネルの回転ツールを長押しして出てくる「リフレクトツール(三角形が向かい合っているアイコン)」を選んでください。

画面内の任意場所をドラッグすることで、オブジェクトの反転ができます。「Shift」キーを押しながらドラッグすると45 度単位で反転し、「Alt」キーを押しながらドラッグするとオブジェクトの複製ができます。

オブジェクトを反転する方法

2-4変形の繰り返し

移動ダイアログボックス

オブジェクトを選択し、Enter キーを押すと「移動」のダイアログボックスが現れます。ここで水平方向・垂直方向の欄に数値を入力し、「コピー」をクリックするとオブジェクトの複製ができます。

オブジェクトの規則正しい複製

ここで画面の上部「オブジェクト」メニュー内の「変形」→「変形の繰り返し(ショートカット「Ctrl」+「D」)を使うと、直前の変形作業の繰り返しができます。規則正しいオブジェクトの並びを作るときなどに重宝します。

Check Point変形の繰り返し

変形の繰り返しの対象は、「移動」「拡大縮小」「回転」「反転」などです。変形の繰り返しは「表組み作成」や「模様の作成」などで活用できます。

2-5オブジェクトの順番

オブジェクトの重ね順の変更

各種ツールで作成したオブジェクトには重なる順番があります。基本的に新しく作成したオブジェクトが上(前面)にきます。つまり、古いオブジェクトほど下(背面)にいくことになります。この順番を変えるには、画面の上部「オブジェクト」メニュー内の「重ね順」内にある項目を選ぶことでオブジェクトの重ね順を変えることができます。

オブジェクトを最前面へ

・最前面へ(ショートカット「Ctrl」+「Shift」+「]」):選択したオブジェクトを一番上(最前面)に移動します。

・前面へ(ショートカット「Ctrl」+「]」):選択したオブジェクトを一つ上(前面)に移動します。

・背面へ(ショートカット「Ctrl」+「[」):選択したオブジェクトを一つ下(背面)に移動します。

・最背面へ(ショートカット「Ctrl」+「Shift」+「[」):選択したオブジェクトを一番下(最背面)に移動します。

オブジェクトの重なり順は同一レイヤー内のみの適用です。下の階層にあるレイヤーの最前面オブジェクトは、上の階層にあるレイヤーの最背面オブジェクトより下(背面)になります。

Check Pointオブジェクトの順番

オブジェクトの順番は、オブジェクトの数が少なければ変更するのにそれほど手間はかかりませんが、あまりに多い場合は困難な作業になってしまいます。その場合は後述する「レイヤー」を使うと良いでしょう。

Part 2 のおさらい
  • Illustrator で作成するグラフィックを「オブジェクト」と呼びます。
  • 描画ツールを使えば、基本的な形のオブジェクトが作成できます。
  • ブラシツールと鉛筆ツールを使えばフリーハンドのパスが作成できます。
  • 作成したオブジェクトは「移動」「拡大縮小」「回転」「反転」ができます。
  • 変形の繰り返しを使えば規則正しいオブジェクトの変形ができます。
  • オブジェクトには重なる順番があり、新しいものが上にきます。

Adobe Illustrator CS6 サンプル目次へ

お申し込みはこちら

サンプルを見る
  • ・サンプル動画
    サンプル動画「Illustrator講座」
    サンプル動画「Photoshop講座」
    サンプル動画「Flash講座」
    サンプル動画「Dreamweaver講座」
    サンプル動画「InDesign講座」
    サンプル動画「HTML5 CSS3講座」
    サンプル動画「PHP講座」
  • ・サンプルテキスト
コンテンツ
  • シンパシーとは?

    シンパシーとは?

    シンパシーコンピュータ学院のご説明

  • 初心者、中級者も納得の充実したオリジナル教材

    初心者、中級者も納得の充実したオリジナル教材

    シンパシーのオリジナル教材ご紹介致します