• トップ
  • 通信講座・講座コース
  • 東京実務留学制度
  • 企業研修
  • 会社概要

助成金の種類

助成金の種類 対象労働者 対象企業区分
キャリアアップ助成金
対象労働者:非正規雇用労働者
有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者(正社員待遇を受けていない無期雇用労働者を含む。)
対象企業:すべての事業所
すべての事業所が対象となります。
キャリア形成促進助成金
対象労働者:正規雇用労働者
正社員、正規雇用労働者の社員教育に対する助成金です。
対象企業:中小企業
中小企業区分の各事業所が対象となります。

※2014 年 3 月よりキャリア形成促進助成金の内容が改定されました。
詳しくは厚生労働省HPをご覧ください。

助成金のメリット , デメリット

メリット

返済不要である
融資とは異なり返済不要なお金です。
なぜなら企業が納めている雇用保険料を財源としているからです。
労働者の失業予防や、福利厚生の充実等の労働者にとって働きやすい環境を整えた企業に対して、支給されます。
国としては、保険料を支払い、労働環境等を整備した企業に対しては、ご褒美として支給しているわけです。
企業からすると保険料を納めて労働環境を整えたのだから、要件を満たしたのであれば受け取る権利があります。
義務を果たしたのだから、権利を主張すべきです。
売上でなく雑収入となる
助成金は雑収入となります。
つまり 助成金金額 ÷ 経常利益率=売上高 ということになります。
例えば 助成金金額 40 万円 経常利益率 10% とすると、 40 万円 ÷10%=400 万円 となります。
400 万円の売上があったのと同じ効果となります。
また、受け取った助成金をどのように使うかも、企業の自由です。
設備投資に回す、融資の返済に充てる、社員へのボーナス、教育訓練に使う等。 整えるというよりは、企業存続のため(トラブル防止・法令順守)という観点から必要不可欠です。
そのためには、法令順守のための規定の整備(就業規則)、労働時間管理等を行うことになります。
労務環境が整備される
必要条件の項目にあるように、労務環境整備が必要となります。 
労務管理体制が疎かになっていると、後々の労使トラブルの原因となります。
助成金をもらうために労務環境を整えるというよりは、
企業存続のため(トラブル防止・法令順守)という観点から必要不可欠です。
そのためには、法令順守のための規定の整備(就業規則)、労働時間管理等を行うことになります。
企業の信頼度が増し、公的融資が受けやすくなる
助成dl金が受給できるということは、国に労務環境が整備されていると、認められていることになります。
そのため、公的融資が受けやすくなります。

デメリット

新たな制度を導入した場合、簡単に廃止することはできません。
助成金の種類によっては、新しい制度を導入した場合に支給されるものもあります。
一度制度として導入すると、廃止したくても簡単にはできません。
助成金の支給対象となる制度は、労働者にとってよりよい内容となります。
その制度を廃止するということは、労働者にとって不利益変更となり、
内容の周知や不利益の程度、変更内容の相当性等を総合的に判断し、
妥当でないと認められません。
要件が厳しくなっており、受給まで時間がかかる
助成金もある不正受給を防止するため、受給要件が厳しくなってきております。
つまり、受給するための専門知識が必要となります。
また、申請から受給まで時間がかかる助成金もあります。
期限は厳守しないと受給できない
申請期限が決まっており、一日でも遅れると受給できなくなります。
申請期限までに、必要な書類を不備の無い状態で提出する必要があります。
コストがかかる場合がある助成金によっては、就業規則や労使協定を提出する必要があります。
メリットにて労働環境が整備されると申しましたが、その反面で整備するためにコストがかかる場合があります。
(就業規則等を作成・改定するため)

助成金について Q&A

  • 助成金を申請する場所は?
  • 労働局になります。都道府県により、専用の窓口が労働局に用意されていることもあります。
  • 助成金を利用できる企業の業種は?
  • 健康・環境・IT分野など、政府の新成長戦略の中でも重点強化の対象となっている業種です。
    シンパシーの通信講座コースは、システム、ネットワーク、デザイン、アプリ等、多種多様な情報通信産業に対応しています。
  • 助成金を利用できる講座は?
  • WEB DTP制作に必要なAdobe製品に関する講座で、Photoshop・Illustrator・InDesign・Flash・Dreamweaver・HTML5・CSS3が あります。
  • 助成金で支給される助成額は?
  • 1人1コース20万円まで全額補助対象。複数コースであれば、20万円×コース数となります。
    例えば、WEB/DTPスペシャリストコース+Adobe製品セットで1コースとカウントされ、
    それぞれが20万円未満であれば、全額が助成の対象となります。
    なお、1事業所あたりの1年間の支給限度額は500万円までです。
  • 受講形態はどういったものがありますか?
  • 受講形態は「事業所内訓練」と「事業所外訓練」が認められています。
    シンパシーでは、講師を派遣して講習する「事業所内訓練」を実施しています。
  • いつから受講を開始できますか?
  • 3月末までにサイト内の講座とソフトのセット申請が許可されているのみ受講可能です。
    詳しくは、最寄りのハローワークや労働局へ申請の相談時にご確認ください。
  • 助成対象者は?制限はありますか?
  • 申請日から遡って半年以内に、従業員を会社都合により解雇をしていないことが必要です。
  • 申請のサポートはしてもらえますか?
  • 申請書の作成や申請の代行はできませんが、申請のサポートやアドバイスは可能です。
    カリキュラムやどのコースを選べば良いか、なども含め是非、ご相談ください。
サンプルを見る
  • ・サンプル動画
    サンプル動画「Illustrator講座」
    サンプル動画「Photoshop講座」
    サンプル動画「Flash講座」
    サンプル動画「Dreamweaver講座」
    サンプル動画「InDesign講座」
    サンプル動画「HTML5 CSS3講座」
    サンプル動画「PHP講座」
  • ・サンプルテキスト
コンテンツ
  • シンパシーとは?

    シンパシーとは?

    シンパシーコンピュータ学院のご説明

  • 初心者、中級者も納得の充実したオリジナル教材

    初心者、中級者も納得の充実したオリジナル教材

    シンパシーのオリジナル教材ご紹介致します